2/15第414回例会「トリスタンとイゾルデ」特集2

日 時:2月15日(土)14時より(開場13時半)

場 所:池尻大橋 世田谷がやがや館

テーマ:ただ憧れを知る者のみが…――《トリスタンとイゾルデ》試し読み

講 師:池上純一(埼玉大学名誉教授)

《トリスタン》はワーグナー作品のなかでは珍しく、終幕のかたちをめぐって作者が逡巡したり、後から修正を加えたりすることなく、すんなりと仕上がった作品です。しかし、この終幕にはドラマとして破綻をきたしているところがあるように思えます。そのあたりを念頭に置きながら、愛と死、詩作と音楽、そして思索の源泉である「憧れSehnen」のドラマとして《トリスタン》のテクストを読んでゆこうと思います。

参加費:会員1000円(ユース会員無料) 一般 2000円 学生1000円