12/24 第156回 関西例会 「ゲッツ・フリードリヒ演出 ベルリン・ドイツ・オペラの『ニーベルングの指環』を巡って」

10月の関西例会は台風のため、1月に延期になりました。そのため今回は12月、1月と連続して関西例会を行います。両例会の後にはそれぞれ、忘年会と新年会を予定しています。協会員はどなたでもご参加いただけますので、お近くにお出での方はどうぞ、お気軽にご参加ください。

 

第156回 関西例会

 

日 時:12月24日(日)14時~17時

場 所:西宮市民会館

テーマ 「ゲッツ・フリードリヒ演出 ベルリン・ドイツ・オペラの『ニーベルングの指環』を巡って」

講 師:中西 ひとみ(美学・芸術学)

参加費:会員1000円  一般 2000円  学生 1000円

 

始まりに存在する終焉。絶望からしか生まれ得ない微かな希望。幕開けの静寂の中において瞬時にこれらを表現した、ゲッツ・フリードリヒの「トンネルリング(通称)」について考察する。(講師記)

 

【忘年会】終了後17時半ごろから、同会館2Fレストラン「よつば庵」にて忘年会を催します。(要申込み)詳細は例会案内をご覧ください。