【終了】7/14第159回関西例会 「Richard Wagner作品に於ける、理想的歌唱発音の考察」

 

新緑の美しい季節になりましたが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。

7月14日は東京と関西で例会を行います。関西例会は舞台ドイツ語発音技法のスペシャリストである高折續氏をお招きし、実践的な内容を予定しています。

お誘いあわせの上、どうぞふるってご参加ください。

第159回 関西例会 

日 時:7月14日(土)14時開演

場 所:ドーンセンター セミナー室

京阪「天満橋」駅、Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄)谷町線「天満    橋」駅 1番出口より東へ約350m。JR東西線「大阪城北詰」駅 2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m。

テーマ:「Richard Wagner作品に於ける、理想的歌唱発音の考察」

講 師:髙折 續(バリトン) 詳しいプロフィールは下記をご覧下さい。

参加費:協会員1000円 一般2000円 学生1000円

 

近年、ドイツ声楽作品の演奏に於いて、歌手達の発音に対し満足できる歌唱に出会うのは稀有である。R. Wagnerの歌劇・楽劇作品公演に於ける歌手の要件として、先ず声と歌唱力、容姿と演技力、等々が枚挙される。

歌唱の中で発音技法の重要性を軽視するマエストロは皆無と言えようが、昨今のように国際化が進むと、多国籍歌手達の混在による発音の完成度の不揃いは否定できない。

さて、今回の講座では、表題に掲げた考察について、歌唱のための伝統的で正統とされる発音技法を、参加者の皆様と微細にわたり実践研修を行う。(講師記)

 

髙折 續 Tsuzuku Takaori  (たかおり・つづく)

東京藝術大学、Munchen音楽大学、北西ドイツDetmold音楽大学、にてドイツ歌曲オラトリオ・舞台ドイツ語発音技法を研鑽。ヨーロッパ各地でリサイタル・放送等で、ドイツ語発音の明快な表現で高い評価を得た。鋭い発音感性で、伝統的な古典発音技法に基く現代的流麗な技法を創出。「舞台ドイツ語発音技法」のスペシャリストとして知られ、現在国内各地でドイツ歌曲、オラトリオ、オペラ等のドイツ語歌唱指導等に活躍中。著書に「歌唱のためのドイツ語発音技法」音楽之友社。洗足学園大学教授、東京二期会オペラ研修所講師、理事、評議員を歴任。日本演奏連盟会員、日本声楽家協会理事、日本声楽アカデミー会員、東京二期会会員。

 

 

 

ワーグナー協会事務局

【終了】4/6 第399回 特別例会 「音を見つめて~アントワーヌ・ワーグナー、舩木篤也と語る」

【終了】まだまだ朝夕の冷え込みがきびしい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

このたび広渡勲氏とゲーテ・インスティテトゥート 東京ドイツ文化センターのご協力により、ヴォルフガング・ワーグナーの孫でエファ・ワーグナー=パスキエの息子、アントワーヌ・ワーグナー氏をお迎えする特別例会を開催いたします。会員でしたら事前の予約なしでご参加いただけます。どうぞお誘いあわせのうえ、お気軽にご参加ください。一般で参加希望の方は事務局03-3454-5662(月・水・金13~17時)にお申し込みください。

 

第399回 特別例会 

「音を見つめて~アントワーヌ・ワーグナー、舩木篤也と語る

(※アントワーヌ氏の希望により当初発表のタイトルが変更になりました)

特別協力:ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター

日 時:4月6日(金) 19時

場 所:ゲーテ・インスティトゥート 東京、ホール  港区赤坂7-5-56

(銀座線、半蔵門線、大江戸線「青山一丁目」駅 4〈北〉出口より徒歩7分。赤坂郵便局、カナダ大使館を通り過ぎ、高橋是清公園と草月会館の間の道を右折、50m先の赤いレンガの建物)

 

テーマ:公開インタビュー「アントワーヌ・ワーグナー、リヒャルト・ワーグナーと自身を語る」

Öffentliches Gespräch: Antoine Wagner über Richard Wagner und sich selbst

お 話:アントワーヌ・ワーグナー(写真家、ヴィジュアル・アーティスト)

聞き手:舩木篤也(当協会理事、音楽評論家) 通 訳:井上裕佳子(英語)

主催   日本ワーグナー協会        特別協力 ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター

参加費:会員1000円 一般2000円 学生1000円

19世紀の大作曲家、リヒャルト・ワーグナーの玄孫にあたり、元バイロイト音楽祭総裁エファ・ワーグナー=パスキエの息子にあたるヴィジュアル・アーティスト、アントワーヌ・ワーグナー。氏が日本で初めてリヒャルト・ワーグナーについて語ります。写真集「スイスのワーグナー」(2013年)、写真展「クンドリー」(2015年)など、これまでにワーグナーを主題・素材にした仕事をたびたび発表。この高名な高祖父に、あるいは音楽や舞台芸術に、どのようなインスピレーションを受けてきたのか? ワーグナー家に育つということは、どういうことなのか? あわせて自身の作品そのものについても詳しく語って頂きます。

 

 

ワーグナー協会事務局

【終了】3/25第398回 特別例会 「ペトラ・ラング氏を迎えて」

【終了】

3月二度目の例会には、東京・春・音楽祭のご厚意で「ローエングリン」にご出演の世界的ワーグナー歌手ペトラ・ラング氏をお招きします。会員は事前予約なしでご参加いただけますが、一般の方は事前に事務局03-3454-5662(月・水・金13~17時)までお申し込みください。

第398回 特別例会 「ペトラ・ラング氏を迎えて」

日 時:3月25日(日)18:30分開演(18時10分開場)

場 所:東池袋 あうるすぽっと 会議室B(ライズアリーナビル3F)

(東京メトロ有楽町線「東池袋」駅下車6,7番出口を上がり広場に出たら、向かい側の建物)

テーマ:「ペトラ・ラング氏を迎えて」

お 話:ペトラ・ラング(ソプラノ) 聞き手:鈴木伸行(当協会理事) 通 訳:蔵原順子

参加費:協会員 1000円  一般 2000円  学生 1000円

 

ワーグナー協会事務局

【終了】3/10第397回 例会「ローエングリン」特集3 ワーグナー・ゼミナール(277)

【終了】

397回 例会「ローエングリン」特集3 ワーグナー・ゼミナール(277)

日 時:3月10(土)14時

場 所:雙葉学園同窓会館

講 師:池上純一(埼玉大学名誉教授)

テーマ:「〈ローエングリン〉の光と影」

〈ローエングリン〉の光と影。

表題作を、古典的政治劇、ロマン派オペラ、そして楽劇の萌芽ととらえ、

「救済」の視点からご一緒にテクストを読んでゆきたいと思います。(講師記)

 

ワーグナー協会事務局

4/1第158回 関西例会 フォーラム「びわ湖ホール〈ワルキューレ〉を振り返って」

少しづつ春の足音が大きくなってきました。

関西ではびわ湖リングのフォーラムを開催いたします。協会員でしたら

どこで開催されている例会でも、事前の申し込みなしにご参加いただけます。

お近くにおいでの際はお気軽にお立ち寄りください。

 

第158回 関西例会 フォーラム「びわ湖ホール〈ワルキューレ〉を振り返って」

日 時:4月1日(日)14時

場 所:西宮市民会館

パネラー代表:藤野一夫、伊東史明

参加費:会員・学生1000円  一般:2000円

ワーグナー協会事務局

【募集終了】第9回 国際ワーグナー歌唱コンクール 国内予選のお知らせ

【募集終了】第9回 国際ワーグナー歌唱コンクール 国内予選のお知らせ

当協会は「第9回 国際ワーグナー歌唱コンクール」の推薦対象者を募集しています。

このコンクールは国際ワーグナー協会の主催で3年に一度開催されるもので、今年は9月にドイツ・カールスルーエで行われます。このコンクールはワーグナー歌手の登竜門としてヨーロッパでは高く評価されており、過去の入賞者はバイロイト音楽祭をはじめ、ウィーン、ミラノ、ミュンヘン、メトロポリタンなどの欧米の一流歌劇場で活躍しています。このコンクールに応募するためには、国際ワーグナー協会に所属するワーグナー協会の推薦が必要です。期日が非常にタイトですが、皆様の周りで有望な若手歌手がいらっしゃいましたら是非ご紹介下さい。国内予選にて選出された方には、当協会より推薦状を発行いたします。

 

応募資格

A部門……誕生日が1983年1月1日以降で、劇場出演経験のある歌手

B部門……誕生日が1986年1月1日以降で、専門教育の修了段階にある歌手

 

A・B部門共通:日本国籍を有するか、出願の時点で日本に一年以上合法的に居住していること、バイロイト予選(8月5~10日)及びカールスルーエ本選(9月27~29日)に出場可能なこと。

 

応募方法

所定の応募用紙に記入の上、ワーグナー作品及び自由に選択したオペラアリアの計2曲を

録音したCD(一年以内に収録したもの)を、簡易書留で日本ワーグナー協会事務局へ郵送の

こと。応募用紙は事務局にご請求ください。

 

♦応募締切:

2018年2月末日(必着)

詳細は日本ワーグナー協会事務局にお問い合わせください。

 

 

 

日本ワーグナー協会

〒106-0047 港区南麻布2-7-29

T:03-3454-5662/F:03-5484-2761

(月・水・金13~17時)

ワーグナー協会事務局

【終了】第396回例会「ローエングリン」特集2 ワーグナー・ゼミナール(276)

【終了】寒い日が続いておりますが、皆様お元気ですか。2月、3月例会は引き続き「ローエングリン」特集として岡田安樹浩氏、池上純一氏にお話いただきます。また3月下旬には、東京・春・音楽祭のご厚意により「ローエングリン」公演にご出演の世界的ワーグナー歌手、ペトラ・ラング氏をお招きする運びとなりました。短期間でさまざまな角度から「ローエングリン」に親しむことができる絶好の機会です。いずれの例会も楽しみにご予定ください。

396回 例会 「ローエングリン」特集2 ワーグナー・ゼミナール(276

日 時:2月17日(土)14時

場 所:四谷 雙葉学園同窓会館

テーマ:「管弦楽法から見る《ローエングリン》の世界」

講 師:岡田安樹浩(国立音楽大学講師)

参加費:協会員 1000円  一般 2000円  学生 1000円

《ローエングリン》において、ワーグナーは管弦楽法の次元で2つの新しい地平を切り拓いた。ひとつは、主要な登場人物にオーケストラの特定の音色を対応させる「音色のドラマトゥルギー」の技法を徹底して用いたこと。いまひとつは、木管楽器とトランペットの「完全な3管編成」と4本のヴァルヴ・ホルンの使用によって、音色のパレットをかつてないほどに広げたことである。そしてこれら2つの点は、互いに密接に関係し合っている。今回は、管弦楽法の分析を通して《ローエングリン》という作品の意味を考えてみたい。(講師記)

 

★例会予告★

 

第397回 例会「ローエングリン」特集3 ワーグナー・ゼミナール(277)

3月10(土)14時 於:雙葉学園同窓会館 講師:池上純一

 

第398回 特別例会 「ペトラ・ラング氏を迎えて(仮題)」 

3月25日(日)18時半 於:あうるすぽっと お話:ペトラ・ラング 通訳:蔵原順子

ワーグナー協会事務局

【終了】1/27 第395回 例会 「深作 健太、《ローエングリン》演出を語る」

【終了しました】

来春は東京二期会と東京・春・音楽祭が相次いで「ローエングリン」を上演します。これに向けて当協会も1~3月例会に「ローエングリン」特集を企画しました。 第一弾の今回は、二期会公演で演出をされる深作健太氏にお話を伺いました。例会の模様はオペラ・エクスプレスで取り上げられました。リンク先をご覧ください。http://opera.jp.net/archives/7503

 

第395回 例会 「ローエングリン」特集1

日 時:1月27日(土)19時より(開場18時半)

場 所:麹町 カスケードホール(いきいきプラザ一番町B1)

東京メトロ有楽町線「麹町駅」5番出口徒歩5分

半蔵門線「半蔵門駅」5番出口徒歩5分

テーマ:「深作 健太、《ローエングリン》演出を語る」

講 師:深作 健太(演出家)

聞き手:岡田 安樹浩(国立音楽大学講師)

参加費:会員1000円 一般 2000円 学生1000円

 

ワーグナー協会事務局

【終了】1/13 第157回 関西例会 「トーマス・マン《ブッデンブローク家の人々》におけるワーグナー」

【終了】

第157回 関西例会 (※2017年10月22日に予定していた例会の延期講演です。)

 

日 時:2018年1月13日(土)14時~17時

場 所:ドーンセンター

大阪市中央区大手前1-3-49

地下鉄谷町線「天満橋」駅 1番出口より東へ約350m。

JR東西線「大阪城北詰」駅 2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m。

テーマ:「トーマス・マン《ブッデンブローク家の人々》におけるワーグナー」

講 師:別府 陽子(大阪大学大学院 所属)

参加費:会員 1000円 一般 2000円 学生1000円

 

若きトーマス・マンの自伝的長編小説『ブッデンブローク家の人々』と

ワーグナー芸術との関係についてお話いたします。(講師記)

 

【新年会】終了後17時半ごろから同センター1F「ユイマール」にて開催します。

 

(要申込み)詳細は例会案内をご覧ください。

ワーグナー協会事務局

【終了】12/24 第156回 関西例会 「ゲッツ・フリードリヒ演出 ベルリン・ドイツ・オペラの『ニーベルングの指環』を巡って」

【終了】10月の関西例会は台風のため、1月に延期になりました。そのため今回は12月、1月と連続して関西例会を行います。両例会の後にはそれぞれ、忘年会と新年会を予定しています。協会員はどなたでもご参加いただけますので、お近くにお出での方はどうぞ、お気軽にご参加ください。

 

第156回 関西例会

 

日 時:12月24日(日)14時~17時

場 所:西宮市民会館

テーマ 「ゲッツ・フリードリヒ演出 ベルリン・ドイツ・オペラの『ニーベルングの指環』を巡って」

講 師:中西 ひとみ(美学・芸術学)

参加費:会員1000円  一般 2000円  学生 1000円

 

始まりに存在する終焉。絶望からしか生まれ得ない微かな希望。幕開けの静寂の中において瞬時にこれらを表現した、ゲッツ・フリードリヒの「トンネルリング(通称)」について考察する。(講師記)

 

【忘年会】終了後17時半ごろから、同会館2Fレストラン「よつば庵」にて忘年会を催します。(要申込み)詳細は例会案内をご覧ください。

ワーグナー協会事務局